YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2019/10/04 加ドル円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


加ドル円の4時間足チャートです(‘ω’)ノ

 

4時間足のエリオット波動は現在、カウントが難しいので省きます!(^^)!

 

第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析で見ると、まだ下落する可能性が高いです。

 

ですが、現状のクロス円の日足では、ポンド円だけが先行している状況です。

 

なので、この日足の先行と遅行のズレを合わせるのであれば、日足の理論的にイレギュラーにはなりますが、今回は4時間足も理論的イレギュラーで反転する可能性もあります。

 

日足の相場の考え方は3パターンあります。

 

先行している銘柄に合わせるのか、遅行している銘柄に合わせるのか、ズレが生じているまま相場が進んでいくのかです。

 

①先行している銘柄に合わせる場合は、すでにピンクのラインを割っているので、理論的イレギュラーにはなりますが、反転ポイントに入っていると捉えてロングエントリーを狙う事ができます。

 

②遅行している銘柄に合わせる場合は、まだまだ下落が継続しますが、ショートエントリーポイントではないので様子見です。

 

③このままズレが生じたまま相場が進行していく場合は、各銘柄を紐づけなしで考え、単独で反転ポイントを待ってロングエントリーを狙っていきます。

 

この3パターンで可能性が高いのは、①か②だと思います。

 

私はとりあえず①で想定していこうと思ってます。

 

②を中心に想定していると、①だった場合トレンドに乗れません。

 

①を中心に想定して②だった場合は、少し損切りにかかるだけでアップトレンドには乗る事ができます。

 

台本の順序として、私はとりあえず①を想定しておきます。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

今はまだ①の想定なので、ロングエントリーしました( *´艸`)

 

投資に関して、決断力は不可欠な力と言えます。

 

「決断」という漢字には、「断つ」という意味が含まれています。

 

「決めて、断つ」が決断です。

 

何かを「決める」ためには、選ぶものと選ばないものを分けて、後者を捨てなければいけません。

 

決断とは、「しない事を決めること」だと私は考えています。

 

無限の可能性の中から1つの可能性を選び、残った他の可能性を捨てる。

 

これが「決断する」ということです。

 

FXでも他の投資でも、必ず決断の連続です。

 

1つを選び、残りを捨てるわけなので、必ずリスクヘッジをしなければいけません。

 

捨てるモノよりも、捨て方が重要だという事です。

 

よく考えてトレードをしていって下さい。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2019年現在の獲得pipsは+6509pipsです。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.