YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2020/09/12 スイス円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


AIトレードのトレード成績です(‘ω’)ノ

 

昨日の利益+155.23ドル(約1万6470円)でした。

 

2020年のAIトレードの利益は+974.69ドル(約10万3423円)です。

 

スイス円の日足チャートです(‘ω’)ノ

 

日足のエリオット波動は現在、アップトレンドのエリオット波動のa波だと思ってます!(^^)!

 

第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析は、ピンクのラインが区切りポイントです。

 

日足のエリオット波動で、「第5波の上昇が小さいので、まだ第5波が継続しているので、まだ上昇していく」と思っている方も居ると思います。

 

もちろん、私もそれは一理あると思います。

 

ですが、なぜ私がアップトレンドのエリオット波動のa波と思っているのか?

 

この理由は、第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析と4時間足にあります。

 

前回の4時間足が、第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析で見ると、ダウントレンドの形を形成しているからです。

 

これだけではありません。

 

日足はピンクのラインが区切りポイントです。

 

そのピンクのラインを既に割っています。

 

という事は、日足はダウントレンドの形を確定させているという事になります。

 

なので、今回の日足ではオレンジのラインを超える上昇は無いという事になります。

 

オレンジのラインを超える上昇があった場合、別の台本に切り替わるので、今見ている台本ではオレンジのラインを超える上昇は無いと思って良いです。

 

以上の状況から、私はアップトレンドのエリオット波動のa波だと思っています。

 

なので、オレンジのラインで日足・週足がダウントレンドへ反転しているという事になります。

 

そして、第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析から、「オレンジのラインを超える上昇は無い」という事が分かるので、今回はイレギュラー型のb波も形成されないという事です。

 

もし、オレンジのラインを超える上昇があった場合は、4時間足の直近安値が日足の区切りポイントになっているという台本になります。

 

ここまでは知っておいて下さい。

 

トレードとしては、オレンジのライン付近でのショートエントリー狙いです。

 

オレンジのラインから既に下落をして、今は4時間足のアップトレンドが始まっていますが、オレンジのラインを越えない上昇になる可能性が高いです。

 

そして、前回の4時間足がダウントレンドの形を形成している事から、今回の4時間足もダウントレンドの形を形成する可能性が高いです。

 

つまり、既にショートエントリーポイントに入っていて、オレンジのライン付近に近づく可能性も低いので、今回の4時間足の天井でのショートエントリーを狙って下さい。

 

上昇の台本を想定している方は、ロングエントリーポイントではないので、焦ってロングエントリーをしないように気を付けて下さい。

 

ロングエントリーポイントはまだまだなので、今はのんびり様子見をして下さい。

 

週足がダウントレンドへの反転ポイントなので、しばらく売り目線は変えない方が良いと思います。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+1383pipsです(´▽`*)

 

「長時間労働が生産性を上げる」というデータはどこにも存在しないみたいです。

 

グローバル企業では、社員が夜遅くまで仕事をしていると、「ダラダラと残業をしているのは、能力がないからだ。次回のレイオフ(企業の業績悪化などを理由とする一時的な解雇の事)の候補にしよう」と考えます。

 

一方、伝統的な日本企業は、仕事の成果よりも従業員のロイヤルティ(組織に対する帰属意識や忠誠心)を評価する傾向にあります。

 

ロイヤルティを測るのは、これまでは労働時間だとみなされてきましたから、残業をすれば、「夜遅くまで仕事をしていて、見所がある」と評価されます。

 

これからの時代は、労働時間ではなく労働生産性(成果や業績)が、評価の対象となる仕組みを構築していく必要があります。

 

10の成果を出すために「8時間働く社員」と、「10時間働く社員」を比べた時、生産性が高いのは、明らかに前者だと思います。

 

実際に、「長時間労働を続けると、生産性が落ちる」というデータは山のように存在しているみたいです。

 

医学的に見て、頭を使う仕事は長時間労働ができません。

 

人間の脳の質量は、体重の2%程度なのに、脳で消費されるエネルギーは、身体全体の消費エネルギーのほぼ20%(成人男性で1日約500カロリー)に相当するようです。

 

脳をフル回転させる労働は、人間のメカニズム上、「1回2時間」、休憩を挟んで「1日3回(せいぜい4回)」が限界だと考えられています。

 

その好例はハリウッドの映画です。

 

上映時間を2時間前後に収める事が多いのは、人間の1回の集中力の目安が2時間だからです。

 

また、「長時間働いたあと達成感を覚える」のは、脳の自衛作用である事が分かっています。

 

脳は疲れると、快感を伝えるホルモンを出します。

 

つまり、ホルモンのせいで、「仕事をした気分」になっているだけで、生産性とはまったく関係がないのです。

 

長時間労働は、物理的な製品づくりを行う場合の労働手法です。

 

工場モデルの時代は、生産ラインの前で手元を動かす単純作業がメインなので、いわば条件反射の世界。

 

脳をそれほど酷使しませんから、長時間労働をこなすことができました。

 

しかし、サービス産業の時代は、脳をフル回転させて、斬新な発想やアイデアを生み出す必要があります。

 

朝8時から夜10時まで長時間働いていては、脳が疲れてしまうだけです。

 

アイデアやサービスといった無形のものを生み出すには、様々な経験を積んで、発想力や柔軟性を養う事が大切だと思います。

 

そのためには、生活基本を「ご飯・お風呂・寝る」から、「人・本・旅」に切り替える必要があると思います。

 

仕事を早く終えて、人に会ったり、本を読んだり、時には旅したりと、脳に刺激を与えないと、画期的なアイデアは生まれないと思います。

 

日本は、「ご飯・お風呂・寝る」の長時間労働を改め、「人・本・旅」の集中短時間労働へと舵を切り替えなければ、経済が成長しない段階に来ています。

 

それなのに、働き方が変わらないのは、「長時間働けば、それだけ前進できる」という戦後の成功体験を持つ人たちがいまだに社会を取り仕切っているせいかもしれません。

 

FD-FXのトレード成績です(‘ω’)ノ

 

昨日の利益は+1万3566円でした。

 

2020年のFD-FXでの利益は現在+550万3168円です。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2020年現在の獲得pipsは+14346pipsです。

 

2019年の獲得pipsは+11537pipsでした。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.