YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2020/07/05 スイス円の相場予測♪

2020/07/05
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


スイス円の週足チャートです(‘ω’)ノ

 

週足のエリオット波動は現在、カウントが難しいので省きます!(^^)!

 

第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析は、ピンクのラインが区切りポイントです。

 

ピンクのラインが区切りポイントなので、週足はまだアップトレンドが始まったばかりです。

 

そして、現在の4時間足がアップトレンドの形を形成する可能性が高い状況になっています。

 

前回の4時間足はダウントレンドの形を形成していて、今回の4時間足はアップトレンドの形を形成する可能性が高いという事は、日足のアップトレンドへの反転を意味しています。

 

日足もアップトレンドへの反転ポイントに入っている中での出来事なので、日足がアップトレンドへ反転した可能性は高いです。

 

そして、日足はアップトレンドの形を形成しました。

 

この動きを週足から見ると、週足のアップトレンドはまだ継続している可能性が高いという事になります。

 

という事は、まだ週足は高値更新をする可能性があるという事に繋がります。

 

ですが、必ず週足の高値を更新するという訳ではありません。

 

もしかすると、週足の高値を更新せずに、日足が天井を付けるかもしれません。

 

これはまだ相場が進行していかないと分からない事です。

 

これをいち早く知る為には、4時間足を追う事です。

 

理由は、トレンドは必ず短期から発生するからです。

 

つまり、日足がダウントレンドの形を形成する可能性が高いという所までしか上昇しなかった場合、週足はダウントレンドに入っている可能性が高いという事になります。

 

週足が高値更新をする可能性は十分にあります。

 

ですが、上昇の仕方によっては、週足の高値を更新した後の高値が週足の天井になる可能性があり、その高値が週足にとってアップトレンドの形を形成する可能性が高いのか、ダウントレンドの形を形成する可能性が高いのかという所がポイントになります。

 

これが分かれば、ピンクのラインを割る可能性が高いのか、ピンクのラインを割らずに週足がアップトレンドへ反転する可能性が高いのかが分かります。

 

現在の状況では、まだ週足の高値を更新する可能性があります。

 

ただ、先日から言っていますが、月足がダウントレンドの形を形成する可能性が高い状況で、まだ月足の安値更新をしていない銘柄があります。

 

なので、今回の週足はダウントレンドの形を形成する可能性があると思っています。

 

週足はまだ様子見が必要なので、今は日足と4時間足の動きにフォーカスして今後の動きを探って下さい。

 

トレードとしては、現在の週足の直近高値付近でショートポジションを持っている方はそのまま保有で良いと思います。

 

ただ、上記の分析の通り、週足の直近高値を超える可能性も十分にあるので、損切りにかかっても資金的マイナスにならないようにしておいて下さい。

 

そのショートポジションを保有したまま、短期のトレードをしていくと良いと思います。

 

次は、4時間足のアップトレンドへの反転ポイントでロングエントリーを狙うトレードになります。

 

週足の直近高値付近のショートポジションと、次の4時間足のアップトレンドへの反転ポイントでロングエントリーをすると、両建てになります。

 

このポジション状況ができれば、負けません。

 

ロングポジションも同様に、損切りにかかっても資金的マイナスにならないようにしておく事をお勧めします。

 

このポジション状況を作った状態で、週足の台本が絞れるのを待てば、次にどうすれば良いのかが分かるので、それに合わせてポジション操作をしていけば良いだけです。

 

FXは待つのが非常に難しいので、まずは「待つ」という事を練習して下さい。

 

多くの人は目先の利益を求めているので、「待つ」という事ができません。

 

FXでは「待つ」という事がとても重要なので、必ず身に付けて下さい。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+2009pipsです(´▽`*)

 

皆さんは「他人と比較する癖」が付いていませんか?

 

他人と比較しているとデメリットがあります。

 

①自分より劣っている人に目が行く

 

②ストレスが溜まる

 

主にこの2つが大きなデメリットです。

 

「自分より劣っている人に目が行く」という事は、20歳の大人が3歳児と比較しているのと同じ事です。

 

「この人より俺はできるからマシ」と思って優越感以外の何が得られますか?

 

負け犬と比較してもどんぐりの背比べです。

 

周りに負け犬しかいないから、自分が負け犬だと気付かない人が多くいます。

 

視野が狭い、もしくは「自分が劣っていると思う人に目を向けたくない」という方が多いと思います。

 

人は弱いです。

 

自分が少しでも優越感が持てる環境を居心地が良いと判断して、その環境に居座る傾向にあります。

 

これは変えた方が良い所です。

 

人は満足している時に成長はあり得ません。

 

不満があるから、満足いくように改善していき、成長するのです。

 

なので、居心地の悪い環境の方が成功する為には良い環境だと思います。

 

成功するのに1番良い環境は、経営者ばかりの環境です。

 

この環境に居座れば、社会の常識がほとんど通用しないですし、「自分が劣っている」と感じる事ばかりです。

 

同じ立ち位置になるまでは居心地悪い環境です。

 

2つ目の「ストレスが溜まる」という事ですが、上記で何となく感じた方も居ると思います。

 

「自分が劣っている」と感じる人が居ればストレスになります。

 

営業の業績が社員の皆に公開される会社だと、多くの人に「数字」が目に見えて分かります。

 

「上・下が明確」というい事です。

 

業績トップだとしても、落ちると恥ずかしいので落ちないようにすると思います。

 

これもストレスの原因の1つです。

 

経営者しかいない環境で揉まれるのは、成功を目指すには最高の環境だと思いますが、それ以外は「他人と比較する」という行為はデメリットだと思います。

 

まとめると「上と比較するのは良いけど、下と比較しないで下さい」という事です。

 

1番良いのは「過去の自分」と比較するのが良いです。

 

比較対象が「自分」だと、自分が納得いくまで前進します。

 

限界も無ければ、基準もありません。

 

「人間の平均睡眠時間は6時間」でも、「自分の睡眠時間は3時間」と言えば3時間睡眠なんです。

 

他人と比較しないとはこういう事です。

 

「周りの事なんて知りません。自分基準で生きている」という感覚です。

 

私は「自分基準」で生きているタイプです。

 

自分の基準を人に押し付ける事はしませんが、自分に対しては自分の基準でしか物事を判断しません。

 

それだけ「自分が正しい」と、自分の事を信じています。

 

「自分が劣っている」と感じる人、もしくは「自分基準」という風に比較していって下さい。

 

FD-FXのトレード成績です(‘ω’)ノ

 

先週の利益は+17万5719円でした。

 

2020年のFD-FXでの利益は現在+413万9656円です。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2020年現在の獲得pipsは+12927pipsです。

 

2019年の獲得pipsは+11537pipsでした。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.