YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2020/03/16 ドル円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


ドル円の4時間足チャートです(‘ω’)ノ

 

4時間足のエリオット波動は現在、アップトレンドのエリオット波動の第3波だと思っています!(^^)!

 

ですが、これは日足・週足がアップトレンドへの反転ポイントに入っている中での4時間足のアップトレンドへの反転なので、アップトレンドのエリオット波動だと想定しています。

 

エリオット波動のカウントとしては、オレンジのラインがダウントレンドのエリオット波動のc波の高値の可能性があり、そのまま再度ダウントレンドのエリオット波動を形成している可能性もあります。

 

今回は新型コロナウイルスの影響で、世界経済が危機的状況になっているので、非常に強いダウントレンドの可能性もあります。

 

私はピンクのラインが日足の区切りポイントという台本も想定しています。

 

なので、本来なら、今回の4時間足はアップトレンドの形を形成します。

 

ですが、ダウントレンドが強い場合は、今回の4時間足のアップトレンドと共に、日足のアップトレンドも終了するというパターンもあります。

 

つまり、今回の4時間足からダウントレンドの形を形成する可能性もあるという事です。

 

日足の反転を確認する為にも、今回はアップトレンドの形を形成して欲しい所です。

 

もし、今回から4時間足がダウントレンドの形を形成すると、日足の理論的イレギュラーなのか、ピンクのラインが区切りポイントなのかを確証無く、想定の中でテクニカル分析をしていかないといけないので、少し難しくなります。

 

現段階では、ピンクのラインで日足もアップトレンドへ反転しているという想定で見ています。

 

そして、月足がダウントレンドの形を形成する可能性が高い状況なので、週足は今回ダウントレンドの形を形成すると思っています。

 

今回の4時間足は、ここからオレンジのラインを超える上昇があり、しばらく上昇が続かないとアップトレンドの形を形成できない可能性が高いです。

 

この動きが無いまま下落をすると、ピンクのラインを割る可能性が高いです。

 

今はまだ、このあたりの様子見をした方が良いと思います。

 

クロス円全体でもバラバラな動きになっています。

 

もう少し台本が絞れる状況になるまでは様子見で良いと思います。

 

ショートをするのも悪くないとは思いますが、日足・週足がアップトレンドへ反転している可能性もあり、どこまで上昇するのかまで決まっていないので、ショートをするのも少しリスクが大きいです。

 

通常ならロング狙いですが、今回はダウントレンドが非常に強い可能性もあり、ボラティリティもあるので、見切りで狙うのも良くないと思います。

 

もう少し相場の進行を待ち、チャートから情報が出次第、自分の出方も考えていく方が良いと思います。

 

焦らず確実にトレードをして下さい。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在はノーポジです。

 

誰もが「人生うまくいったらいいな」と思ってます。

 

どんな人であっても、進んで不幸を望むようには人はできていません。

 

成功・失敗の分岐点はどこにあると思いますか?

 

実は「忍耐力」という部分が成功と失敗の分岐点なんです。

 

何かを始める時、最初からうまくいけばそれに越した事はありませんが、そんなに人生はあまくありません。

 

そして、日に日に目に見えて右肩上がりで上がっていかないのが人生の特徴です。

 

例えば、英語の勉強を始めたとします。

 

ヒアリングを鍛えようとしても、最初は何を言っているのかがまったく分かりません。

 

もちろん、面白くありません。

 

投げ出したくなります。

 

ですが、それでも続けて毎日聞き流していると、ある日突然「あれ?」と思う瞬間が来ます。

 

突然聞き取れるようになります。

 

成功というのはこの現象と同じで、右肩上がりではなく、ずっと横ばいの平衡状態の期間を過ごして、ある日、急カーブを描きながら、垂直にグンと上がります。

 

このポイントを「爆発点」と言います。

 

この爆発点が来ると、ここからは面白いように、今までではあり得ない事が起こり始めます。

 

この爆発点が来るまで我慢できるかどうか、この忍耐力がうまくいくかどうかの分岐点になります。

 

できない事というのは今だけなんです。

 

今できないだけで、自分はできないと思わないで下さい。

 

人間はやり続ければ必ずできるようになります。

 

成功と失敗は本当に忍耐力でしか違いはありません。

 

忍耐力を持つために、「根拠のない自信」だったり「自分の可能性を信じる」というのが必要な材料になるだけです。

 

忍耐力こそが人生を左右すると思います。

 

なので、諦めないで下さい。

 

※FD-FXは勝ち過ぎて、レバレッジ規制にかかった為、トレードを中止しています。

現在、対策中なので運用開始まで今しばらくお待ちください。

 

2020年のFD-FXでの利益は現在+120万2032円です。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2020年現在の獲得pipsは+2706pipsです。

 

2019年の獲得pipsは+11537pipsでした。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.