YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

管理の領域

2020/02/26
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

相場の世界には、管理できるものと、管理できないものがあります。

 

結論からいえば、管理できるのは自分の行動です。

 

管理できないのは、相場です。

 

資金管理は「資金管理」であって、「相場管理」ではありません。

 

相場が上昇するか下落するかなど、誰にもわからないのが現実です。

 

分からないながらも、「ここまで来たら買う(売る)、そしてあそこで利食い」などとシナリオを立て、売買するのがトレードです。

 

その時、損失はできるだけ小さく、利益はできるだけ大きく、そして証拠金を減らさず、増やしていく。

 

そんなトレードをしたいと誰もが思っているはずです。

 

しかし、現実は甘くありません。

 

「下落して押し目を作ったら買おう」と待ち構えていたのに買えないまま上昇してしまったり、サポートをブレイクしたので売ってみたら、そのまま上昇してしまったり・・・。

 

相場がいつも自分の思う通りに動いてくれるなら、誰でも勝ててしまいます。

 

でも、そんなことは起こりません。

 

相場は投資家の目論見を裏切り、時には想定外の大変動を起こします。

 

相場は管理できません。

 

「固定相場制にしたら管理できるのでは?」と言う人もいますが、長い目で見ると、成功した固定相場など、歴史上何ひとつありません。

 

全ての固定相場はいずれは崩れてしまいます。

 

やはり、相場を管理することはできません。

 

しかし、自分の行動は管理できます。

 

利食いや損切り、ポジションサイズ、どの程度のリスクを取るか、そして、そもそもエントリーするかしないかも、自分で決めることができます。

 

自分で実行できます。

 

これらを総称して「資金管理」と言います。

 

コントロールできないことに目を向けるのではなく、コントロールできることに注意を払って下さい。

 

私は、資金管理を制すれば、相場を制することができると考えています。

 

仮に暴落相場に直面したとしても、エントリーしなければそもそも損失は出ません。

 

エントリーしたとしても、ポジションサイズを小さくしておけば損失は小さくなりますし、ストップで一定以上の損失が出ないようにしておけば良いので、暴落相場などは恐れるに足りません。

 

上昇すると思っていたら下落する、そんなことは日常茶飯事です。

 

相場はコントロールできませんが、相場での立ち振る舞い、相場で取るリスクは自分でコントロールできます。

 

「相場が恐い」と思っている人は、相場が恐いのではなく、自分をコントロールできないことが恐いのです。

 

大きな損失が恐いのではなく、大きな損失を出すまで損切りできない自分が恐いのです。

 

大きな損失を出してしまうほどの大きなポジションを持ってしまう自分の欲が恐いのです。

 

相場は誰に対しても平等で、誰の言うことも聞きません。

 

相場をコントロールしようと考えても無駄です。

 

他の市場参加者に差をつけられるのは、自分で管理できるものしかないのです。

 

それこそが、資金管理です。

 

自分の行動を管理できる人、資金管理ができる人、自分の資産をきちんと管理できる人にはお金が与えられます。

 

管理できない人にお金を与えても、管理できないのですぐに失ってしまいます。

 

仕事でも家庭でも、これは同じです。

 

管理できない社員に会社のお金を預けたり任せたりはしないはずです。

 

管理できない子に親はお金を与えないのです。

 

お金は管理ができるようになった時に初めて与えられるものです。

 

相場をコントロールし、相場から利益を搾取しようという考え方は、神様の持ち物を盗むことと同じで、うまくいくはずがありません。

 

一旦は相場に預け、神様に管理してもらうような気持ちで委ねて、反面、自分で管理できることは自分で管理できるようになると、預けたもの以上にさらに与えられるものです。

 

管理できないものを管理しようとせず、管理できるものを管理して下さい。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.