YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

ユーロの実力

2020/01/08
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

外国為替市場においてドルに次いで第二位の取引量を誇り、貿易の決済通貨や世界各国の外貨準備のための通貨としてもドルに次ぐ位置を占める「ユーロ」について説明します。

 

ユーロは欧州連合(EU)に加盟するヨーロッパ諸国で使われている共通通貨です。

 

EUとは、第二次世界大戦のような悲惨な戦争を二度と繰り返さないよう、欧州を政治・経済的に統合することを目指して設立された国際機関です。

 

第二次世界大戦以前、欧州は世界経済のリーダー的役割を担っていました。

 

しかし、大戦後はその座を米国に奪われてしまい、さらに日本などの欧米以外の国々が急速な経済成長を遂げて、欧州を脅かしていました。

 

こうした状況に強い危機感を抱いた欧州各国は、力を合わせて経済力強化に乗り出しました。

 

EU域内の製品・資金の移動などの経済活動に対する規制を緩めたり廃止するとともに、各国が独自通貨を発行していたのを、ユーロという1つの通貨にまとめたのです。

 

通貨の交換という経済活動の障害が取り払われたことで、経済活動はスムーズに行われるようになり、欧州経済は活性化しました。

 

経済力強化という期待のもとに生まれたユーロは、導入国にどのようなメリットをもたらしたのでしょうか。

 

それには、次の3つがあります。

 

①貿易取引の活発化

 

②企業のビジネスチャンス拡大

 

③国際通貨としての役割を獲得

 

まず①について、ユーロ圏内ならどの国との貿易取引でも支払いにユーロが使えます。

 

そのため、為替変動リスクや通貨交換の為替手数料が発生しません。

 

国内で商品を売り買いするのと同じ感覚で取引できるため、貿易が盛んになり、各国の経済拡大につながります。

 

②は、各国の企業は、国境を気にすることなく、ユーロ圏全体で事業を展開できるようになり、ビジネスチャンスが大きく広がりました。

 

例えば、ドイツの企業がイタリアの銀行からお金を借りてフランスに支店を出すということも可能になりました。

 

最後に③について、従来は、基軸通貨のドルだけが国際通貨としての役割を担ってきましたが、ユーロも「第2の基軸通貨」といわれるように、ドルと同様の力を持ち始めています。

 

実際、ユーロは、導入している19か国と貿易取引をしている他の欧州諸国をはじめ、近隣の中東諸国、アフリカ諸国でも決済通貨として広く利用されるようになっています。

 

また、各国の外貨準備高に占めるユーロの割合はドルに次ぐものです。

 

このように、ユーロの力が強まれば、ユーロ圏自体の世界経済における影響力も上がります。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.