YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

市場介入

2019/12/30
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

外国為替市場では機関投資家たちが収益獲得にしのぎを削っていますが、彼らの好き放題にやらせていては市場が乱れてしまうことがあります。

 

そこで登場するのが、監視役の各国の政府および「中央銀行」です。

 

中央銀行とは、通貨を発行し、国の金融政策を行う銀行です。

 

日本は日本銀行(日銀)、米国は連邦準備制度理事会(FRB)、英国はイングランド銀行(BOE)、ユーロ圏は欧州中央銀行(ECB)になります。

 

多くの国の中央銀行では、自国通貨の為替相場を安定させ、経済活動に大きな支障をきたさないようにするという重要な役割を担っています。

 

本来、変動相場制の為替レートは自由な取引のなかで決まるものです。

 

しかし、急激な自国通貨高や自国通貨安が起きて、経済に悪影響を及ぼす可能性がある時は、政府・中央銀行が「市場介入(外国為替平衡操作)」という方法を使って為替相場を安定させます。

 

例えば、日本の場合、急激な円高は輸出型企業にダメージを与え、日本経済のパワーを衰えさせる可能性があります。

 

逆に急激な円安は輸入品の値段を上げ、インフレを引き起こしかねません。

 

そこで、財務大臣が円高もしくは円安に行き過ぎたと判断した時は、日銀に指示して外国為替市場に介入させ、通貨を売買して為替相場をコントロールします。

 

急激な円高の場合は、日銀が外国為替市場で「円売り・ドル買い」を行います。

 

円よりもドルの需要が増え、ドル/円相場は円安・ドル高に向かいます。

 

逆に、急激な円安の場合は、日銀が外国為替市場で「円買い・ドル売り」を行います。

 

ドルよりも円の需要が増え、ドル/円相場は円高・ドル安に向かいます。

 

例えば、円高・ドル安傾向が強くあんると、ほとんどの投資家がドル売りに走ります。

 

そうしたなか、日銀が円売り・ドル買いによって円安・ドル高に向かわせるには、そのドル売りの勢いを上回るほどの買い付け金、つまり多額の介入資金が必要になるはずです。

 

では、市場介入に使う資金はどこからでているのでしょうか。

 

円売り・外貨買いの介入の場合、財務省が管轄する「外国為替資金特別会計」から出されます。

 

外貨売り・円買い介入の場合は、外貨準備高から出されます。

 

実際にいくら介入に使われたかは、財務省のホームページ「外国為替平衡操作の実施状況」でみることができます。

 

日本経済は輸出に大きく頼っているため、円高になると政府は景気が悪くなるのを恐れ、かつてはこのような円売り・外貨買い介入を頻繁に行ってきました。

 

この各国の政府・中央銀行が独自の判断で行う市場介入を、「単独介入」といいます。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.