YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2019/11/18 加ドル円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


加ドル円の4時間足チャートです(‘ω’)ノ

 

4時間足のエリオット波動は現在、アップトレンドのエリオット波動の第1波だと思ってます!(^^)!

 

アップトレンドの第1波の想定なので、ピンクのラインを割らずに上昇していくと思ってます。

 

もしピンクのラインを割ったとしても、4時間足はアップトレンドへの反転ポイントに入っているので、いつでもアップトレンドに反転する可能性があります。

 

今回の4時間足のアップトレンドへの反転で、日足がアップトレンドへ反転している可能性があります。

 

なので、オレンジのラインを超える上昇があると思ってます。

 

トレードとしては、ピンクのラインを割っても割らなくても、まだ買い目線で良いと思います。

 

週足がダウントレンドの形を形成するという確証があるのであれば、売り目線にしても良いと思います。

 

週足がダウントレンドの形を形成するという確証がないのであれば、まだ買い目線です。

 

私はまだ週足がアップトレンド継続すると思っているので、買い目線です。

 

なので、上昇の台本で見ています。

 

下落の台本は、テクニカル分析プロセスから確率を出すと、上昇の台本よりは低いと思います。

 

なので、まだ買い目線で上昇の台本でトレードするのが自然だと思います。

 

売り目線にするには、最低でもポンド円の日足のエリオット波動の第5波の上昇が見たいです。

 

今回のアップトレンドはとても強い事が確認できます。

 

なので、売り目線にしてショートでトレードしていくのは、全体的に不利だと思います。

 

売り目線にしてショートをしていくのは、週足の天井が予測できるポイントか日足の上昇の台本が崩れてからでないと危険かもしれません。

 

テクニカル分析でしっかり相場の動向を追いながらトレードをして下さい。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+2440pipsです(´ω`*)

 

トレーディングで成功する為には、資金をリスクにさらしても問題がないと確信するだけの根拠と、取引の前提条件を詳細に語る力が欠かせません。

 

なぜこれだけの資金をトレーディングに投じているのか、その理由を説明できなければならないという事です。

 

リスクを取る能力を最大にする為には、大きなポジションを持つ能力を習得しなければいけません。

 

その為にはまず、今のリスクの取り方のどこに問題があるのか、何が邪魔をしているのかを把握する必要があります。

 

同じテクニカル分析であっても、その解釈はトレーダーによって異なり、それに基づく売買の手法も異なります。

 

これは、個々のトレーダーの基本的な部分が異なっている為です。

 

したがって、トレーダーは以下のような事を考えてみるべきだと思います。

 

・失敗を重ねたり小さな成功しか得られなかったりする原因になっている自己抑制的な習慣や態度を改める為には、何をどうすれば良いか?

 

・そうした習慣や態度、常識を改める事ができないとしたら、トレーディングに対するアプローチを変えなければいけません。

 

目標の実現に近づく為には、実際にどんなアプローチを採用できるか?

 

・精度の高いリスク管理を行いながら売買するには、何をどうすれば良いか?

 

トレーディングの失敗は、人間としての行動や知性と関係している為、大半のトレーダーは、トレーディングという行動、リスクを取る行動、楽な気持ちでリスクを取る為に必要な行動について学び続けなければいけません。

 

経験の浅いトレーダーは、利益を確定するタイミングが早すぎて儲けそこなった、と後悔する事が多いと思います。

 

また経験豊富なトレーダーの中には、リスク依存症と化して過大なリスクを背負うケースが散見されます。

 

以下の3点について考えて見て下さい。

 

・不確実性や優柔不断に襲われた時に、どう対処しているか?

 

・分析しすぎたり、過去の損失を後悔したり、他の事が気になったりして目の前のトレーディングに集中できなくなる危険性を、どのように回避しているか?

 

・行動を抑制する習慣や完璧主義を克服し、投資のアイデアの取引可能性に基づいたトレーディングを行う為には、どんなステップを踏む必要があるか?

 

FXはテクニカル分析をトレードに活かす為に、自分の能力を上げなければいけません。

 

まずはそれを知って下さい。

 

テクニカル分析ができても、トレード戦略が上手に立てれなければ勝てません。

 

トレード戦略まで上手に立てれても、その通りにトレードできなければ勝てません。

 

相場分析の知識までは誰でも身に付ける事ができます。

 

相場分析の知識だけで勝てるのであれば、大半のトレーダーが勝ちトレーダーです。

 

そうじゃないから大半が負けトレーダーなのです。

 

ここをの理解をちゃんとした上で、FXの事を勉強して下さい。

 

先週のUltimate Incomeのトレード成績です(‘ω’)ノ

※全てUSD表示です。

 

先週のUltimate Incomeの利益は+5万2288円でした。

 

今年のUltimate Incomeの利益は+91万3801円です。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2019年現在の獲得pipsは+8430pipsです。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.