YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

日本の個人投資家

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

東京市場では、ドル/円相場での取引量が圧倒的に多いです。

 

そして、ドル/円は貿易取引などの実需で動く通貨ペアなので、東京市場の基本的な性格は「実需につれて動く」ものになります。

 

輸出入の実需取引なので、上にいけば輸出企業からのドル売りが出て、下にいけば輸入企業からのドル買いが出ます。

 

そのため、ニューヨークが上げて東京に渡すと売りが出やすく、反対にニューヨークが下げて東京に渡すと買いが出やすい、ということが頻発します。

 

ここから、値幅を縮める方向に動きやすい市場である、とも言えると思います。

 

値動きが狭まって動きがなくなることから、一時期は「世界の昼休み市場」と、あまり嬉しくない言われ方をすることもありました。

 

ただ、最近では個人投資家の動きが活発になり、東京タイムでも相場が動くようになりました。

 

世界の個人FX取引のシェアでは、日本の個人投資家が50%~60%を占めており、その影響力は無視できません。

 

FX会社のコマーシャルでも、「為替取扱高世界第1位」を謳ったものがあります。

 

それだけ、日本での為替取引が多いということです。

 

時期によっては、個人のFX取引が東京外国為替市場の40%くらいを占めることもあり、市場占有率は高くなっています。

 

東京市場は実需に加えて、「個人投資家の動向に、強く影響を受ける市場である」という性格も併せ持つのです。

 

ただ、日本の個人投資家のトレード傾向を見ると、売り上がり、買い下がりの逆張り手法が目立ちます。

 

そのため個人投資家に関しても、実需と同様、それまでの値幅を狭める方向に動こうとする傾向があります。

 

日本の個人投資家の基本的なスタイルの売り上がり、買い下がりには、陥りやすい失敗があります。

 

このスタイルは、相場の転換を狙って、逆張りで利益を狙うのが好きな国民性があるようです。

 

しかしこれは、狙いが当たればいいのですが、相場が一方向に向かうトレンド相場になった場合には大きな損失を出しやすく、実際、そのような損をしてしまう個人投資家が多いようです。

 

相場にはトレンド相場の局面とレンジ相場の局面があります。

 

同じ投資スタイルを取るにしても、こうした相場局面の違いをよく理解するだけで、結果は大きく変わってきます。

 

また、スワップ金利の獲得を狙って、円を売って金利の高いマイナーな新興国通貨を買うことも、日本の個人投資家にはいつも大人気です。

 

しかし、カントリーリスクや地政学的リスクの噴出に捕まってしまい、損をしてしまう個人投資家があとを絶ちません。

 

スワップ投資では長期投資が前提となっているため、損失が大きくなるまで放置して、傷口を広げることも多々あります。

 

頻繁に豪ドルや南アフリカランド、トルコリラなどに投資して、損失を出した個人投資家が少なくなかったようです。

 

新興国通貨に投資するリスクの高さを、しっかり把握していなかったということです。

 

そうしたリスク認識に甘さがある所も、日本の個人投資家の特徴と言えそうです。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.