YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

マイホームは買うべき?

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

家は買うべきだと思いますか?

 

借りるべきだと思いますか?

 

結論から言うと、金銭的に余裕がないのであれば、まず買うべきではありません。

 

そもそも、持ち家か賃貸かで、自分のお金がどう動くのでしょうか?

 

持ち家の場合、一括で買う事ができない限りは、ローンを組んで購入代金を支払っていく事になります。

 

この返済はもちろんですが、1年・2年程度で終わるものではありません。

 

家はそもそもの金額が高額で、数千万円は当たり前です。

 

それに加えて、ローンの利息も支払っていく必要があります。

 

一般的に収入の10~20%くらいの返済額が望ましいと言われています。

 

プランや貸付会社にもよりますが、毎月のお給料が20万円だとしたら、毎月の返済額は4万円です。

 

金額だけを見ると、「家が買えるって良い」と思うかもしれませんが、この返済額では皆さんが想像するような「家買ったよ」というレベルの家はなかなか買うことができません。

 

それなりに良い家を買おうとしたら、毎月10万円前後のローンの支払いがあるのが普通です。

 

また、家を持っている事で固定資産税の出費があったり、水道や電気の故障など、賃貸であれば管理人さんや管理会社に丸投げできる部分を、自分でどうにかしないといけない場合が出てきます。

 

とはいえ、買った家や土地は資産として残り、一戸建てであれば賃貸だと気にしがちな周りの物音や壁の傷などを気にせず過ごす事ができるのは、子供がいるご家庭にとっては良い部分でもあります。

 

最近では、独身だから家を買うという話もよく聞きます。

 

確かに、未婚の男女の割合は、ここ30年ほどでぐんと増加しています。

 

しかし、今の時代、収入を上げる為に転職したり、精神的に少し休む為に落ち着く場所を探したり、より良い環境を求めて、住んでいる場所を変える必要がある機会も多く存在します。

 

賃貸の良い所は、何と言っても、自分の状況によって住まいを変えれる点です。

 

女性も男性も、独身の時に家を買ったとしても、結婚を機に別の場所に引っ越す可能性は大いに考えれます。

 

もし、ご近所トラブルや子供の学校環境が良くなかった場合など、引っ越した方が良いような出来事があった時に、賃貸であれば、気軽に新しい場所へ移り住むという選択肢があるのも大きいと思います。

 

また、家賃を払っていれば、税金を取られる事もなく、ある程度のトラブルは管理会社に相談をして解決してもらう事もできます。

 

持ち家は確かに資産になりますし、場合によっては買う事によって月々の家賃よりローンの金額の方が安くなる事もあります。

 

もちろん、持ち家を人に売ったり貸したりして、自分自身は新たな場所へ引っ越すという方法をとる事もできるのは確かです。

 

しかし、誰かに売ったり貸したとしても、自分が買った時の金額の元が取れるとは限りませんし、そういった事にかかる手間もあります。

 

実家の持ち家だったり、そこに長く定住する事が最初から分かっているのなら別ですが、そうでない場合には、住まいを固定するのは、その分のリスクを抱えるという事でもあります。

 

家の費用は、固定費の中でも出費が大きく、削ろうと思えばがっちり削れる部分でもあります。

 

もし家を購入し、ローンを組んでしまうと、どういう状況だったとしても、それを払わないわけにはいきませんし、今後何十年も支払っていかなければなりません。

 

もし払えなくなってしまったら、取り返しのつかない事になる可能性があります。

 

自分の利便性や家族の状況によって、住まいを流動的に変えれるようにしておく事で、金銭的な負担を減らす事もできます。

 

他人の為に使う1番大きなお金が子供の為だとしたら、住まいは自分の為に使う1番大きなお金と言っても過言ではありません。

 

色々なライフスタイルがあったり、いつかは家を持ってみたいという人もいるかもしれませんが、ある程度収入に余裕があり、貯金も満足がいく程度にあるというくらいまでいかない限りは、まずは家は買うのではなく、借りるべきです。

 

もし、お金に余裕ができたとしても、ライフスタイルに住まいを合わせるというのが、今風です。

 

「家」という固定の資産ではなく、まずは将来の選択肢の為に、お金という流動的な資産を増やしていく事に専念した方が良いと思います。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.