YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

好きな物は最後

2021/04/04
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

皆さんは、ショートケーキに乗った1粒のイチゴをいつ食べますか?

 

もちろん、嫌いだから食べないという事でもかまいませんが、ここに人の傾向が現れます。

 

「好きだから最後まで残しておいてから食べる」

 

そういうタイプの人は、好きな物を最後にする事ができる、どこか欲求に対して我慢する事ができ、忍耐強いタイプといえると思います。

 

ただ、逆にイチゴに限らず、食事であれば好きな物から最初に食べるという方もいると思います。

 

「食い方ぐらい自由にさせろ」と思うかもしれませんが、もちろん食べ方であればご自由にという事にもなります。

 

しかし、どこか日本人はこれといった理由もないのに、「欲しいものを我慢する」「嫌な事を我慢してやる」というような考えが染み付いています。

 

こういう考えに洗脳されているため、自発的に動けず、チャンスを逸らしてしまう事もあるはずです。

 

例えば、恋愛についても、いつか白馬の王子様が自分を迎えに来るというようなメルヘンチックな幻想を抱いて、日々辛い仕事をして待っていたって、そうは来ないと思います。

 

夢を壊すようでなんですが、王子様が来る前に老婆になり兼ねません。

 

王子様と恋愛をしたいのなら、出会いの舞踏会に足を運び、なんらかのアプローチをかけてみるべきだと思います。

 

もちろん、振られる可能性もありますが、それはその時、切り替えていけばいいのです。

 

「跳ね返す人」は、もちろん我慢や忍耐強さも必要だとは言え、欲しものや結果に対しては前のめりで進みます。

 

こと失敗した後については、さっさと切り替えていこうという基本ルールを持っているのです。

 

食べ物でも旬な時期があるように、常に欲しいものを手に入れられるチャンスが来るわけではありません。

 

光陰矢の如しで、ぼーっとしていたら時間はすぐに経ってしまいます。

 

「引きずる人」はほとんどと言っては良いほど、数年後「あれをやっておけば良かった」と後悔しがちです。

 

さっきのショートケーキのたとえで言えば、イチゴを最後になんて思っている間に、もしかしたら落としてしまったり、誰かに横取りされて食べられてしまう事だったあるかもしれません。

 

こんな失敗と挫折を繰り返すうちに、やっぱり好きな物はお腹が空いているうちに食べた方が良いと気付くのです。

 

「跳ね返す人」は、失敗する事は方向転換のきっかけと捉えて、そのタイミングが重要だと考え、「引きずる人」は、いつまでも最適なタイミングに気付かないのです。

 

という事で、「跳ね返す人」は、時期を逃さないうちに実行しないと、跳ね返す事も、切り替える事も出来ないと考え、失敗した時にこそ、「鉄は熱いうちに打て」というような勇気を出せる力強い標語を教訓にしているものなのです。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2021 All Rights Reserved.