YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2020/05/13 スイス円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


スイス円の4時間足チャートです(‘ω’)ノ

 

4時間足のエリオット波動は現在、カウントが難しいので省きます!(^^)!

 

第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析は、ピンクのラインが区切りポイント or オレンジのラインが区切りポイントです。

 

ピンクのラインの区切りポイントの場合、既にピンクのラインを割っているので、ダウントレンドの形は確定しています。

 

そして、オレンジのラインはアップトレンドへの反転ポイントではなく、オレンジのラインで区切られていないのであれば、オレンジのラインを割ってからアップトレンドへの反転ポイントに入ります。

 

つまり、ピンクのラインが区切りポイントの台本の場合は、オレンジのラインを割る下落があるという事です。

 

オレンジのラインが区切りポイントの場合、上記で「オレンジのラインはアップトレンドへの反転ポイントではない」という事から、ピンクのラインの区切りポイントは理論的イレギュラーという事になります。

 

なので、オレンジのラインが区切りポイントになっているとは、言い切れない状況です。

 

オレンジのラインが区切りポイントの場合、現状ではダウントレンドの形を形成する可能性が高いです。

 

まだ高値を更新して上昇を続けるのであれば、アップトレンドの形を形成する可能性もあります。

 

ですが、他銘柄で既に下落が始まっています。

 

つまり、現在の直近高値が4時間足の天井の可能性があります。

 

上記の2つの台本のテクニカル分析を読んで、気付いた方もいると思います。

 

ピンクのラインが区切りポイントの台本でもオレンジのラインが区切りポイントの台本でも、現状では、オレンジのラインを割る可能性が高いという事が分かります。

 

では、なぜ、ピンクのラインが区切りポイントの台本とオレンジのラインが区切りポイントの台本の2つを想定しなければならないのか?

 

それは、目先の「上昇する・下落する」ではなく、オレンジのラインを割ってからのアップトレンドへの反転ポイントに入るタイミングが違うからです。

 

上記で言った通り、目先はオレンジのラインを割る可能性の方が高いという事が分かります。

 

オレンジのラインを割らない台本もありますが、こちらの台本はもう少し様子を見てからの想定でも良いと思うので、今回は省きます。

 

目先は、オレンジのラインを割る可能性が高いという状況です。

 

2つの台本でアップトレンドへの反転ポイントに入るタイミングが違うという事ですが、ピンクのラインが区切りポイントの台本の場合は、オレンジのラインを割った時点でアップトレンドへの反転ポイントに入ります。

 

オレンジのラインが区切りポイントの台本の場合は、オレンジのラインを割り方にもよりますが、オレンジのラインを割ってもまだ下落が続く可能性があります。

 

こういった違いがあるので、次のロングエントリーポイントに支障が出るので、ここは2つの台本を想定しておいた方が良いという事です。

 

現在のトレードとしては、下落している銘柄もあるので、まだ高値圏で推移している銘柄でのショートエントリーは良いと思います。

 

ただ、高値圏と言っても、少しは下落しているので、ポジションサイズには注意して下さい。

 

既にショート保有をされている方は、まだショート保有したまま様子見で良いと思います。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+3110pipsです(´ω`*)

 

「投資家みたいに考える方法」だけでは不十分です。

 

なぜなら、自分たちには、親の教えや学校教育など、これまでの環境による「思考のクセ(バイアス)」が根深くあるからです。

 

1冊の本が人生を変えることがありますが、「面白かったな」と本を閉じた瞬間に、いつも通りの日常に戻る人も沢山います。

 

確実に投資家の考えを身につけるために、自分のバイアスを言語化して1つ1つアップデートする必要があります。

 

バイアスとは、思い込みのことです。

 

「投資をしましょう」

 

この言葉を聞いた時、みなさんは最初、「怪しさ」を感じるのではないでしょうか。

 

それもそのはずで、多くの日本人は「投資」と聞くと、「うまい儲け話」を連想してしまいます。

 

お金をつぎ込み、ラッキーだったら大儲け、当たらなかったら大損・・・。

 

そんなリスクがたっぷりのお金儲けのイメージです。

 

「お金でお金を増やすなんて汚い!」と怒り出す人もいますが、そう言っておきながらも、宝くじを買って一攫千金を望むような国民性もあるのでよく分かりません。

 

「投資家みたいに考える方法」を確実に落とし込むためにも、思考のクセを取り除きましょう。

 

投資家的に生きるために、自分自身の思考のクセを直視してみて下さい。

 

まずは、「リスクはゼロになる」という思い込みから説明します。

 

リスクとは、「不確実性」です。

 

例えば、1000円で買った株式が、1500円の価値になる場合もあれば、500円に下がる可能性もある場合、これは「リスクがある」と言えます。

 

株式投資に限らず、全ての物事に、リスクは付きまといます。

 

「安全な場所に暮らしたい」「安定した会社に就職したい」と、誰もがそう考えます。

 

しかし、地震の可能性がある日本列島では、どこに暮らしていてもリスクはあります。

 

銀行が潰れてもおかしくない時代です。

 

絶対に潰れない会社なんて存在しません。

 

つまり、リスクは絶対に「ゼロ」にはできないのです。

 

しかし、「リスクゼロはあり得る」という思い込みがあります。

 

それと向き合わなければ、いつまでたっても動けません。

 

それでは、投資家は全員リスクを適切にとっているのかというと、そうではありません。

 

多くの投資会社は、「ベンチマーク運用」という方式で運用をしています。

 

ベンチマークとは、投資信託などが運用の指標としている基準のことです。

 

そのベンチマークとの乖離をなるべく小さくするのが、ベンチマーク運用です。

 

乖離しないことを重視するということは、もし日本株式のファンドであれば、組み入れ上位銘柄が超有名な大企業の株ばかりになります。

 

確かに、大企業は明日や明後日に潰れることはないと思います。

 

リスクゼロのように見えますし、大企業に投資しておけば安心な気がします。

 

そして、多くの投資会社がベンチマーク運用をしているのには理由があります。

 

それは、運用会社が「サラリーマン企業」だからです。

 

大手の資産運用会社の担当者はサラリーマンです。

 

これは、会社員という雇用形態の話ではなく、「サラリーマン気質」というマインドの話です。

 

サラリーマン気質とは、「失敗しないこと」「責任をとらないこと」を軸に考える「失望を最小化する人たち」のことです。

 

ベンチマーク運用というのは、もし運用成績が悪くても、「東証株価指数と同じ動きだから仕方ありません」という言い訳ができます。

 

お客さんに怒られないかどうかで運用しているとしたら、それは本当の投資家とは呼べません。

 

サラリーマンの投資家であっても、お客さんのお金を増やすことを優先して考え、企業の規模やブランドではなく、「成長する企業」を自分の頭で考えて探し、投資するのであれば、企業は成長し、投資家も潤い、経済全体が活性化します。

 

それは真の意味で投資だと言えます。

 

必ずしもプロの投資家が全員、リスクを適正にとった投資家的な考え方をしているわけではありません。

 

真の投資家や起業家は、リスクがあることを「ワクワクする」と肯定的に感じ、思い切って決断することに慣れています。

 

もちろん、入念な下調べをし、確信の度合いを高め、リスクを低くしていく努力は怠ってはいけません。

 

決断する時に持つべきものは、「未来への希望」です。

 

FD-FXのトレード成績です(‘ω’)ノ

 

昨日の利益は+1万9300円でした。

 

2020年のFD-FXでの利益は現在+263万467円です。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2020年現在の獲得pipsは+7639pipsです。

 

2019年の獲得pipsは+11537pipsでした。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.