YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

戦後のレート

2019/12/12
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

戦後のドル/円レートの動きを振り返ると、為替相場が世界にとっていかに重要か分かります。

 

現在は変動相場制をとっている日本も、戦後長い間、「固定相場制」をとっていました。

 

日本は1949年4月、正式に固定相場制を採用し、1ドル=360円に設定します。

 

そのあと、1952年に日本はIMF(国際通貨基金、通貨と為替相場の安定化を目的として設立された国際機関)に加盟し、1ドル=360円のドル/円レートは国際的にも認められるようになりました。

 

これは1949年4月から1971年12月まで22年8か月続きました。

 

今のレートと比べたら、360円は何とも高い感じがしますが、当時の米国と日本ではそれほど経済力に大きな差があったのです。

 

世界に敵なしだった米国経済ですが、1960年代後半からベトナム戦争の失敗や1970年代のオイルショック(石油の価格が急激に上がった出来事)、財政・貿易赤字の拡大などによって少しずつ傾き始めました。

 

一方、日本は高度経済成長によって1969年から貿易黒字国になりました。

 

こうしたなか、1971年8月に米国のニクソン大統領が貿易赤字を減らすため「ドルと金の交換停止」を目玉とする経済政策を発表しました。

 

これが「ニクソン・ショック」です。

 

この動きで、1944年に導入された「ブレトン・ウッズ体制」が崩壊してしまいます。

 

ブレトン・ウッズ体制とは、世界共通の価値を持つ金とドルの交換比率を「金1オンス=35ドル」と決めることで、各国の通貨とドルの為替レートを固定化するシステムでした。

 

当時世界一の経済力を誇っていた米国が、求められれば必ずドルを金と交換することを約束していたため、この固定相場制度が成り立っていたのです。

 

しかし、ドルと金の交換が停止されたことで、ドルの価値は下がり、新しい世界の為替相場のしくみを作らなければならなくなったのです。

 

そして1971年12月に米国ワシントンのスミソニアン博物館でブレトン・ウッズ体制に代わる新たな国際通貨体制を検討する国際会議が開かれました。

 

その場で、主要通貨に対するドルの価値が切り下げられることが決まり、ドル/円レートも見直されて1ドル=308円の固定相場になります。

 

これを「スミソニアン同意」といいます。

 

ただ、この1ドル=308円の固定相場は短命でした。

 

米国の貿易赤字は一向に減らず、日米の経済力の差はさらに縮まり、ドルと円の価値の差が小さくなってきたからです。

 

このなかで、1973年2~3月に日本を含む先進国は「変動相場制」に相次いで移行しました。

 

変動相場制は、ジャマイカのキングストンで開催されたIMFの会議で承認されたため、「キングストン体制」とも呼ばれています。

 

固定相場制は発展途上国の貿易取引をサポートするための制度ですが、その国の経済が発展しても固定相場制のままでは不公平感が生まれます。

 

固定相場制から変動相場制への移行の背景には、貿易の不公平さを是正する必要性もあったのです。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.