YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

金融機関の仕組み

2019/12/05
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

円をドルに換えるなど、通貨を交換する取引を「外国為替取引」といい、銀行などの金融機関は「外国為替市場」で取引を行っています。

 

外国為替市場には証券会社や保険会社なども参加していますが、銀行による取引が圧倒的に多いので「インターバンク市場(銀行間取引市場)」とも呼ばれています。

 

株取引が行われる東京証券取引所などのように、「外国為替市場」と看板を掲げたビルがどこかにあるわけではありません。

 

外国為替市場は、銀行の担当者たちが専用端末や電話を使って通貨を売り買いするバーチャルな(目に見えない)市場です。

 

それらで繋がったネットワークを総称して外国為替市場と呼んでいます。

 

取引のしくみも株取引とは異なります。

 

株取引では、大量の売買注文を証券取引所に集中させ、証券取引所が事前に出されている売り注文と買い注文の双方の条件を一致させて、取引を成立させます。

 

これに対して外国為替市場は、取引の当事者同士が納得すれば、どんな為替レートでも取引が成立する「相対取引」です。

 

資金移動は、取引が成立した日の翌々日(スポットと呼びます)に行われます。

 

また、外国為替市場での取引単位は原則として100万ドル単位になっています。

 

つまり、100万ドルの倍数でない120万ドルや250万ドルでは取引しにくいわけです。

 

外国為替市場における取引の基本は、このように銀行をはじめとした金融機関同士が専用端末や電話を使って直接取引をする「ダイレクトディーリング(DD)」です。

 

その時々刻々と変動する為替レートの情報は、電子取引のスクリーン上や、ロイターなど通信社の報道画面で配信されています。

 

ダイレクトディーリングの他に、仲介業者である「外交為替ブローカー」を経由する「ブローカー取引」があります。

 

銀行などにとって外国為替ブローカーは、ベストな相手を探してくれる仲介のような存在ですが、そこはビジネスなので売買仲介手数料が発生します。

 

近年では、コストダウンの必要性や、インターネットなどの発達で取引しやすくなったこともあり、外国為替ブローカーを通した取引が減り、金融機関同士のダイレクトディーリングが大勢を占める傾向にあります。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.