YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

ロンドンとNYは逆

2019/11/19
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

ニューヨークは、言わずと知れた米国の東海岸にあります。

 

米国は通貨のドルが世界の基軸通貨でもあるため、米国企業が行なう貿易取引はほとんどがドル建てです。

 

そのため、実需が為替に影響を与えることがほとんどありません。

 

外国との輸出入の取引でも為替変動リスクを気にしなくていいというのは、日本人にはなかなか想像できない世界であり、まさに基軸通貨国の特徴と言っても良いです。

 

こうした事情があるため、ニューヨーク市場では実需に関係する要因がなくなり、純粋に投機の市場となっています。

 

実需メインの東京市場とは好対照です。

 

そして、そこにはやはりニューヨーク市場なりのクセがあります。

 

ニューヨーク勢は、ロンドン勢のように他のプレイヤーのポジションを切らせて稼ごうとすることは少なく、むしろトレンドフォロー(トレンド追随型)のトレードをするディーラーが多い印象があります。

 

地球の自転と共に、ロンドンから中心市場がニューヨークに移ってきた時、上げて移ってくれれば更に買い、下げて戻ってくれば更に売る、という行動を取る傾向があります。

 

つまりは「値幅を広げようとするマーケット」です。

 

ロンドンもニューヨークも、狩猟民族的で大変アグレッシブなトレードスタイルの人が多いですが、徹底的に嫌なところを攻めてくるロンドン勢に比べると、ニューヨーク勢は正攻法と物量で素直に攻めてくる、という特性があります。

 

また、米国は英国と比べると日本との貿易取引が多いため、日本の実需筋、つまりは輸出企業や輸入企業がマーケットに与える影響力についても、よく認識しています。

 

ニューヨーク勢のなかには、大きなリスクを取って積極的にポジションテイクしてくることが世界的に有名な、影響力の大きなプレイヤーがゴロゴロいることも、この市場の特徴の1つと言えます。

 

ニューヨーク市場には、「引け値をつくる市場」という性格もあり、「引け値」というのは、その日やその週、あるいはその月の最後のレートのことです。

 

太平洋上の日付変更線からスタートしたある日の市場は、東京→ロンドン→ニューヨークと巡って、ニューヨーククローズでその日の引け値をつくります。

 

普通に考えれば引け値も、マーケットセンチメントのなかで自然に落ち着く水準を見つけてできるものだと思われますが、実態は必ずしもそうではありません。

 

日足や週足が決まるニューヨーククローズの直前には、意図的に相場を動かして希望する引け値を作り、チャート上で自分にとって望ましい日足や週足のローソクを作ろうとする動きが出ます。

 

ニューヨーク勢に限らず為替相場の参加者は、勝つために様々な手口や戦術を、日頃から色々と試行錯誤している、ということを理解しておいて下さい。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.