YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

個人投資家は慎重に・・・

2019/11/11
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

4月に入ると、今度は日本の企業が新年度入りしてきます。

 

為替相場を手掛ける本邦金融機関や商社なども新年度入りするので、年末年始の英米勢のようにスタートダッシュをかけてくる、と考える人もいるかもしれませんが、大抵、そういうことにはなりません。

 

ここはいかにも日本的なのですが、国内の企業では4月になったからといって新年度の方針がズバッと決まるわけではなく、今年度はどういう方向で動いていくかを合議で意思決定するため、方向性が出るまでに多少時間がかかるのです。

 

そのため、4月の前半から中盤にかけては、ドル/円相場などではむしろ方向感のない、小動きを重ねる相場になりやすくなる、という特徴があります。

 

トレンドをつくる実需のフローが少なく、売ったら買わなければならない、買ったら売らなければならない投機筋だけの市場環境に一時的になるため、一方向への流れがなかなか起こらないのです。

 

4月も後半になって、新年度における輸出企業の想定採算レートや、機関投資家の投資方針などが決まってくると、やっと一定方向へのフローを伴った相場環境に変化してくる、というのが一般的です。

 

なお、年度初めや上期や下期の初めなどの節目となるタイミングでは、トレーダーも「(新たな気持ちで)さあやるぞ!」と、ついトレードに力が入りがちです。

 

しかし、これを年度初めの4月にやってしまうと、結構苦労するので要注意です。

 

年度初めの4月のマーケットには、短期的に稼ごうとする海千山千の投機筋ばかりがたむろしているので、実需層によるフローがまだあまり存在しません。

 

そのため、仮に相場が強い動きで上げているように見えても、少しでも動きがもたつくと投機筋がさっと手仕舞いの動きに入り、買いの強さを信じてついていった個人投資家が、気付けば取り残され、損切り的な買い戻しやロングの投げにつながる、ということがよくあるのです。

 

当然、同じことは下げについても言えます。

 

こうした節目のタイミングでは、マーケット全体が意気込んで、ごく短期的にマーケットポジションがロングなりショートなりに大きく偏ることもあり、それが、個人投資家が投機筋のカモにされてしまう危険性を高める、という側面もあります。

 

ですから、とくに4月の年度初めについては、むしろ普段より慎重にトレードすることを意識するくらいが適切といえます。

 

節目のタイミングでは、人より早くチャンスを掴みたいという気持ちが起きやすいものですが、やはり、マーケットが通常の流動性とトレンドを持って動いている時に、平常心でトレーディングする方が儲けやすいのだと思います。

 

4月末から5月の初句かけて、日本はゴールデンウィークに入ります。

 

年始年末と同じく、このタイミングもマーケットでの商いが薄くなるので、英米勢がドル/円相場で仕掛けてくる場合があります。

 

日本は世界の3大マーケットの他の2つ、米国や英国などに比べて国全体がお休みとなる公定の休日が多いため、それらのタイミングは彼らにとって絶好の攻撃機会となっていることを、十分意識しておきましょう。

 

続く6月の末日は、欧米金融機関の中間決済の締め日です。

 

そのため、早ければ5月後半から、より本格的には6月の初頭から中旬にかけて、それまでキャリーして(転がして)きたポジションを利益確定する動きが出て、直近までの相場テーマとは関係なく流れが反転することがよくあります。

 

この6月末の欧米金融機関の中間決算は、1年のなかでも相場に別格の影響を与えるイベントの1つです。

 

事前に十分意識してトレードするようにして下さい。

 

同じように12月にも本決算の締め日があるのですが、6月の中間決算の方が12月の本決算より、相場への影響は大きくなるのが普通です。

 

これは、6月までの上期に比べて、下期には7~8月頃の夏休みや、12月のクリスマスホリデーがあることから実働日数が少なく、ポジションも比較的小さくなりやすいためだと思われます。

 

実働日数が多い6月末までの欧米金融機関の上期では、持ち越しているポジションの量も多いために、決算への影響も大きくなるのでしょう。

 

いずれにしても、決算の時にはそれまで保有していたポジションが反射取引され、損益が確定されます。

 

これを知らずに、相場は引き続き上がるだろう、下がるだろうなどと見ていると、突然相場が反転した理由が掴めず、場合によっては大きな損失を被ることになります。

 

十分に警戒して下さい。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.