YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

テーマ分析

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

相場には、その時々に話題になっているテーマがあります。

 

そのテーマが実際に大きな経済的影響を与えているとは必ずしも言えないことも多いのですが、そのテーマをある意味で囃し立てることによって、資金の流れ、フローができて、レートは動いていきます。

 

そうして1つの方向へのフローが続けば大相場になりますし、短期的なフローであれば長続きせず、一時的な相場に留まります。

 

こうした相場とテーマとの関係を念頭に置き、今マーケットでどんなテーマが話題になっているか、またそのテーマが長続きするテーマかどうかを分析するのが「テーマ分析」で、これも分析手法の1つとして数えられます。

 

テーマ分析では、材料視されているテーマが本当にマーケットに影響を与えるものかどうか、慎重に検討することが必要です。

 

大きなインパクトを持つテーマだと考えたのに、不発に終わる場合もあります。

 

テーマとなる話題が時期尚早だったり、反対に既に織り込み済みとなって新味が無くなっていったりする場合です。

 

こうした騙しのテーマに惑わされず、本当に材料視されているテーマを見つける事が、テーマ分析の肝となる部分です。

 

日本では日本語による情報が中心だということもあり、金魚鉢のような限られた世界の中で情報が駆け巡り、国内だけで盛り上がる傾向があります。

 

これはネット時代になった今でもそれほど変わっていないので、できる限り見方や切り口が違う海外情報についても触れるようにして、「情報のガラパゴス化」を意識して避ける必要があるのです。

 

近年では、海外メディアが直営する日本語のウェブサイトがあります。

 

これらを利用すれば、ほぼリアルタイムで海外視点の情報に触れることも難しくありません。

 

英語が苦手な方は、こうした方法を活用するのも手です。

 

なお、テーマ分析を行う際のコツとしては、手駒となる「テーマ候補」を常にいくつか持つようにすることが挙げられます。

 

その手駒の中から、現在のマーケットが求めている相場と合致するテーマがどれかを、定期的にチェックします。

 

一度は騙しになってしまったテーマであっても、過去に材料視されたことがあったり、テーマとしての存在感があったりするなら、いずれまた話題に上ってくることがあります。

 

テーマ候補の1つとして活用することができ、地道な勉強や研究によって手駒を増やしておくことは決して無駄にはならないので、普段から情報に触れることは非常に重要です。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.