YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

お金がない状況

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

「お金が無い」状況になった時に、皆さんならまずどうしますか?

 

貯金があって、今月の生活費を少し節約しようというレベルのお金が無いならいいのですが、銀行の残高も少ない、所持金も少ない状況で、「クレジットカードの引き落としに間に合わない」「家賃などの支払いに間に合わない」といったレベルです。

 

本当に追い詰められてしまうと、人は普段であれば絶対にしないような行動に出てしまう事が大いにあります。

 

特にお金の問題となると、一度の過ちがその後何年間も抱えてしまうような問題にまで発展しかねません。

 

クレジットカードは使い過ぎやリボ払いなどの気を付ける点もありますが、クレジットカードを持っていれば、つい気軽で安心な気がしてしまうのが「キャッシング」です。

 

デパートの広告などで「お買い物で足りない現金を引き出せる」機能がある事を知っている人も多いと思います。

 

銀行ATMに行かなくても、お買い物の最中に現金を引き出す事ができるので、急なピンチの時につい使ってしまったという人もいるかもしれません。

 

しかし、注意しなければいけないのは、クレジットカードのキャッシングは、銀行から普通に現金を引き出すのではなく、クレジットカード会社からお金を借りる仕組みである点です。

 

銀行のように現金を引き出す事ができ、普通のカード利用と引き落としが同じなので、一見とてもいいものに思えるかもしれません。

 

でも、借りたものなので、返済しなければなりません。

 

金利も当然支払わなければならないのです。

 

また、カードローンなどでお金を借りるのも、NGだと思っておかなければなりません。

 

消費者金融や銀行のカードローンも、「早く返すことが条件で、金利が安くなる」といったキャンペーンをやっているのを見聞きしますが、それでも金利は安くありません。

 

学生ローンといった、なんとなく敷居が低そうなものであっても、金利は他の消費者金融と同等なので要注意です。

 

借金が膨らんでしまう多くの人が、借りたお金の返済をするお金の目途がつかず、1つの所の返済をする為に、また別の所でお金を借りてしまう事で、どんどん負のループに陥ってしまいます。

 

いわゆる多重債務です。

 

こうした金融機関にお金を借りるのではなく、誰か周りの人からお金を借りるというのも、よっぽどの関係でない限り、いい事ではありません。

 

お金が絡む事ほど、人間関係をこじらせる事はないくらいです。

 

「貸したお金は返ってこないつもりで貸す」とよく言いますが、たとえ相手にとってそういう気持ちであったとしても、もし借りたお金を返せなかったら、お金を返せなかった人という認識はずっと消えない関係が続きます。

 

金額に関係なく、借りた人以上に、貸した側はずっと覚えているものです。

 

クレジットカードの引き落とし日にちょっとお金がたりなさそうだから、お金を借りて、すぐに返せるといったレベルであれば、事情を分かってくれるような信頼関係のある仲の良い友人が引き受けてくれるかもしれませんが、もし万が一の事があれば、一瞬で信頼関係が崩れてしまうかもしれない事を胸に刻んでおかなければなりません。

 

1番頼るべきは、親です。

 

親を頼れないのであれば、頻繁に会う友人・職場でお世話になっている人など、必ず返さないといけないような、身近で頼れる人に一度相談してみるようにして下さい。

 

その場合、あくまでも、まずは相談です。

 

お金の貸し借りをするかどうかは別として、相談するのです。

 

もし本当にあてがないのであれば、地方自治体が設置している消費生活センターなどの「相談窓口」を利用するようにして下さい。

 

収入が少なく、住む所がなくなってしまった、もしくは、なくなってしまいそうな場合の家賃補助、衣食住の提供、家計を立て直す為の相談、膨らんでしまった借金の立て直し、それらを解決する為の関係機関への繋ぎなど、身近な人には言えないような相談でも、行政だからこそできる支援もあります。

 

「お金がない」とは、人には言いづらい事です。

 

でも、そこまで困っているのに、誰かを頼れないまま一度でも消費者金融などに手を出してしまうと、「またそこで借りればいい」という思考回路が芽生えてしまい、取り返しのつかない事になってしまう可能性があります。

 

お金に困ってしまうと、正常な判断ができず、心の余裕があれば絶対しなかったような選択肢を選んでしまう可能性もあります。

 

恥ずかしい気持ちがあったり、なかなか人に話せないような事ではありますが、必ず自分だけで解決せずに、誰かに相談するようにして下さい。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.