YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

年収の上げ方

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

年収を上げる為に、

 

一般人は、時間でお金を稼ぎます。

 

小金持ちは、運でお金を稼ぎます。

 

大富豪は、仕組みでお金を稼ぎます。

 

収入が増えない人に共通するのは、お金に対して受け身の立場でいる事だと思います。

 

常に雇い主の庇護下にいて、自分が提供する役務の対価としてお金をもらう。

 

それが当たり前だと思っていると、大半の人はいざお金を稼ごうと思っても、時給を上げる事か、仕事を掛け持ちする事しか思いつかないのが実態です。

 

一部、新しい働き方を導入する企業などでは、例外はあるものの、基本的に正社員であろうとアルバイトであろうと、時給で働く行為は自分の「時間」を雇用主に売っている事になります。

 

スキルや役職が上がれば時給が変わりますが、時間を売る収益モデルである事に変わりありません。

 

これは一部の自営業の人にも言えます。

 

エンジニア・デザイナー・コンサルタント・ライターなどとして独立しても、案件毎に決まった報酬を貰っている限り、商品は自分の時間です。

 

睡眠時間を削って毎日頑張っても年収には限度があります。

 

もっと言えば、小売りや飲食のオーナー店長も、自分が動かない限りお金が生まれないのであれば、時間売りの枠を飛び越えていません。

 

時給で稼ぐ行為にはデメリットが3つあります。

 

最大のデメリットは商品が自分の時間である限り、売り上げに上限がある事です。

 

仮に時給3000円の仕事を1日12時間、休まず続けたとしても年間1314万円です。

 

多いか少ないかはさておき、上限が見えている事がポイントです。

 

もう1つのデメリットは、時間を売りすぎると機会損失の恐れがある事です。

 

自己研鑽や人脈構築の時間にあてていればもっと収入が増えるかもしれないのに、仕事に追われていると、そういったチャンスを逃す可能性が高まります。

 

最後のデメリットは、時間売りのマーケットは得てして買い手市場なので、単価が安い事です。

 

安い海外の労働力やAIの発達でマーケットそのものがなくなる分野も出てくると思います。

 

このように、時間売りだけを続けている限り大富豪への道は遠いと思います。

 

そこから状況を打開する為に一攫千金を狙う人もいます。

 

レバレッジを効かせたFXや投資話。

 

身近なところではパチンコや宝くじ。

 

しかし、そこで上手くいったとしても再現性が無ければ、元の黙阿弥です。

 

大富豪になる人が念頭に置いているのは、「いかに自分の時間を売らないで済むか」です。

 

時間が買えるのであれば積極的に買いますし、その実現の為には自分の時間を売らなくてもお金が生まれる「仕組み」をいかに作れるかが勝負です。

 

「寝ている間にもお金が生み出せるのかどうか」と表現すれば分かりやすいと思います。

 

この考え方を収入源の観点から言えば、1か所からお金をもらう収益モデルを卒業して、収入源を増やすモデルに移行する事とも言えます。

 

「これだけ頑張っているのにお金が増えない」と思っている人は、そのお金がどうやって生まれているのかを見つめ直すと良いと思います。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.