YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

正しい投資

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

投資とは「誰かを喜ばせるという活動にリスクをとってお金を投じた結果、リターンを得ること」です。

 

逆に言えば、誰も喜ばなければリターンはありません。

 

人気のない地域にボロボロの物件を買っても、誰も住みたいと思わないと思います。

 

それは、「価値を生み出していない」という事であり、誰もお金を払ってくれません。

 

自分たちが住みたい地域にすぐに住めるのは、リスクを取って家を建ててくれた人たちがいるからです。

 

だから、そのリスクをとったお礼として家賃を払っているわけです。

 

そこでリターンを得てもらうというのは、当たり前です。

 

これが投資というものです。

 

辞書では投資を「将来得られるであろう収益を目的として、現在資金を支出すること」と定義しています。

 

しかし、なぜリターンがあるのかという投資の本質を理解している人は非常に少ないのです。

 

マネーゲームをしているだけと勘違いしている人も多く、自分には関係ないと思っている人がほとんどです。

 

投資というのは、自分の周りに当たり前のようにありふれているのです。

 

自分が賃貸マンションに住んでいるなら、それは誰かがリスクをとって建設してくれたからです。

 

高いお金を出して買わなくてもそこの住めるのは、誰かが貸してくれているからです。

 

つまり、不動産投資の一部に自分も参加しているのです。

 

投資の概念として大事なのは、金銭的なリターンがあるかどうかです。

 

「これも勉強だから」と言って高級店に行っても、ただ楽しむだけなら「浪費」にすぎません。

 

少なくとも、お金を使う段階で「この経験を、こういう事に活かそう」と心がけてアウトプットする事が必要なのです。

 

英会話などの学習も同じで、どんなに頑張って習得しても、それを生かしてリターンを得なければ、残念ながら「自己投資」とは言えません。

 

どんなにたくさんの本を読んでも、そこで得た知識を生かして価値を生み出し、金銭的な結果を得ないのであれば「投資」とは呼ばないのです。

 

「自己投資」という言葉を使いましたが、世間には「自己投資」をしているつもりが、「自己投資」になっていない人が多いです。

 

例えば、何かの資格を取りさえすれば自己投資だと考えている人がいます。

 

また、勉強だけしていれば自己投資だと言っている人もいますし、セミナーに通う事が自己投資だと言う人もいます。

 

もちろん、勉強をする事を否定はしませんし、セミナーに行くのも良い事です。

 

資格を取る事もい良い事です。

 

ここでもう一度、投資はなぜリターンがあるかという事を思い出して下さい。

 

投資にリターンがある理由は、自分が投入したお金を通し、世の中に価値が生まれ、その結果リスクを取った見返りとしてリターンをもらえるからです。

 

つまり、単にお金を投じただけでは、リターンは無いのです。

 

世の中に価値が生まれるからリターンがある、という原理は覚えておいてください。

 

単純な話です。

 

自分が何かの勉強をしたとします。

 

それが誰かの、より大きな喜びに繋がるのであれば、リターンの可能性があるという事です。

 

営業マンで考えてみると、給料が増えるのはどういう時でしょうか?

 

それは、取ってくる契約の件数が増えるときです。

 

この時、自分は自己投資をして営業の勉強する事で、お客さんに商品の魅力を上手に伝えられるようになったのかしれません。

 

より多くのお客さんと話すスキルを身につけたのかもしれません。

 

さらに別のお客さんを紹介してもらう能力を身につけたのかもしれません。

 

つまり、「能力」が上がった事によって、お客さんと会社に与える価値が増えたという事です。

 

つまり、お金を投じて能力を得る事で、世の中に価値を提供し、リターンを得る、という投資の定義にあっています。

 

多くの人がやっている自己投資は、お金を投じるだけのものがほとんどです。

 

自己投資の為に、本を買ったけど、中身は実行していません。

 

セミナーですぐに使える事を習ったんですが、実行していません。

 

これでは、価値を生みだしていないから、リターンがあるわけないのです。

 

お金を投じて勉強しているだけの人は、ただの趣味なのです。

 

自己投資をして、勉強するのは良い事です。

 

しかし、その勉強した知識を使わないと意味がないのです。

 

なので、自己投資をして、資格や知識を得たら、それをどのように使えば価値が生まれるかを考えれば、自ずとリターンは返って来ます。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.