YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

格差社会

2020/12/13
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

格差はこれからもどんどん開いていくと思います。

 

こんな風に言うとあれですが、別に自分の願望でもポジショントークでもなく、ただの現実の将来予測として言っています。

 

地球が温暖化するように、経済面での格差はこの後も開いていきます。

 

なぜかと言うと、コロナ危機やリーマンショックのような経済危機があっても、政府や中央銀行ができるのは、お金を世の中にばら撒く事だけだからです。

 

ばら撒いたお金は、結局、株や不動産といった資産を大量に持っているジェフ・ベゾスさんや孫正義さん、前澤さんといった資本家のもとに集まってしまうようにできています。

 

少し言い方を変えると、「お金は天下の回りもの」というのと同じようにこの世界を水も循環しています。

 

そこでお金を「水」として例えてみると、資本主義経済の姿や格差の本質が分かりやすく見えてきます。

 

例えば、急に日照りが続き、世界に全く雨が降らなくなったとします。

 

すると渇水状態で、皆が困ってしまいますので、政府に「なんとかして」という声が高まり、政府が人工的に水を撒くわけです。

 

本来なら、ばら撒かれた水が世の中を平等に循環していけば良いのですが、現実には、バラ撒かれた水の大半が少数の人の元に集まってしまいます。

 

人工的に雨を降らせたけれども、水が世の中に平等に行き渡らないのは、ほとんど一般市民が持っている水を溜めるバケツが小さいからです。

 

小さいバケツには当たり前ですが僅かな量の水しか貯められない。

 

集中豪雨のように、そんなに世の中に水をばら撒いても、小さなバケツ分だけの水が貯まったら、それでおしましです。

 

コロナ給付金がそのばら撒きにあたります。

 

もちろん1人あたり10万円の給付金でもないよりは全然いいのだけれど、はっきり言ってしまえば焼け石に水という事です。

 

一方で今回のコロナ禍でも、資産がどんどん増えている人もいます。

 

世の中の経済の流れは、皆の財布という無数の小さな川の流れが集まって大きな川となり、やがてある人間がつくったダムに貯まります。

 

そのダムを作って持っているのが前澤さんやアマゾンのジェフ・ベゾスさんや、ソフトバンクの孫さんみたいな人だという事です。

 

彼らは良い場所に自分なりのダムを作ったのですから、たくさんの水を貯められてしまうのは当然です。

 

大きなダムがあると、少しくらいの日照りも関係なくなります。

 

一般人は、小さなバケツに水を貯めてもすぐになくなってしまうけれど、ダムのように大きなバケツを持っていれば何が起こっても水はなくならない。

 

格差が開いていくというのはそういう事だと思います。

 

一般人を救うために、世の中に水をばら撒く事で、水が飲めずに喉が渇いて死ぬ人を減らす事はできます。

 

しかし、結果として、ダムを持っている人がますます潤い、格差は開きます。

 

大きなダムで独り占めしているのがけしからんから、ダムを爆破して、水を一気に放流させるんだといっても、一般人が持っている肝心の自分のバケツは小さいままなのに一気にダムの水が放流されても、皆に平等に水が行き渡るどころか、逆に洪水で被害が大きくなるかも知れないわけです。

 

格差の問題については皆色々言うけれど、こうした経済の現実的基本的なところを分かっている人は少ないと思います。

 

だからそこで文句を言っても仕方がありません。

 

つまり、自分はどうするかが大切だと思います。

 

やる事の規模の大小は当然あるのだけれど、やる事があるのになぜ皆やらないのかは本当に不思議です。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.