YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

自信

2020/11/28
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

「自信が持てない」とか、「もっと自信が持てればうまくいくのに」と思った事はありますか?

 

特に自己肯定感が低い人ほどこのような発想に陥りやすいのですが、こういう人は「自信」そのものの意味を見通した方がすっきりすると思います。

 

自信とは、「持てるかどうか」という受動的で依存的な対象ではなく、「持つかどうか」というもっと能動的で主体的な対象である、という意味です。

 

ただし自信には、先ほど性格のところでも述べた通り、幼少期に保護者からの適切な教育によって育まれた「自己肯定感や自尊心」にもとづく要素も大きいため、そうでない養育環境にあった場合、「自信を持て!」などと言われてもなかなか難しいものがあります。

 

例えば虐待されて育ったとか、「ダメな奴だ」「どうせ失敗するんだからやめとけ」「お前には無理」などと否定され、押さえつけられて育てば、どんな事でも自信など持てないと思います。

 

そこで後天的に自信を取り戻すには、体動的に成功体験・達成体験を積む事です。

 

人は過去の経験から、うまくできた事、できなかった事、それによって感じた達成感や挫折感などを蓄積していくなかで、「これはできそう」「これは無理そう」「ちょっと頑張ればいけるかも」という判断軸ができてきます。

 

しかし、その判断軸が育っていないと、何に対しても臆病になってしまうのですが、結局、未知の事や慣れていないものに対峙する経験のなさから来るものです。

 

初めての事に挑戦して克服した経験が少ないから、余計不安になるのです。

 

なので、小さくてもいいので、上達するとか、やり遂げるとか、「自分もまあまあやるじゃん」「やり切ったぞ」と思えるような成功体験を積み上げる事です。

 

もう1つ自身を持つのを妨げる要因は、うまくいかなかった事に対する傷つきやすさです。

 

傷つきやすいと、「失敗して笑われたりショックを受けたりして傷つくのが怖い」→「だったら最初からやらない方がいい」→「経験を積めない」→「ますます挑戦が怖くなっていく」というスパイラルに陥ってしまいます。

 

しかし、この状態のままでは、どんな潜在能力を持っていても発揮できないまま人生を終える事になりかねません。

 

仮に、飛び込んで失敗して傷ついても、そこから立ち直る事で耐性ができていくものです。

 

なのでこれもやはり、小さな事でも良いので乗り越えていく経験を重ねる事が大切だと思います。

 

「思考は実現化する」というナポレオン・ヒルの言葉を聞いた事がある人は多いと思います。

 

確かにその側面はあるのですが、実はポジティブ思考よりもネガティブ思考の方が実現化する事が多く、本当にネガティブな結果になりやすいのです。

 

そのため、ネガティブに考える傾向がある人は、意識して矯正を試みる必要があります。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.