YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2020/08/16 スイス円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


スイス円の週足チャートです(‘ω’)ノ

 

週足のエリオット波動は現在、カウントが難しいので省きます!(^^)!

 

第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析は、ピンクのラインが区切りポイントです。

 

ピンクのラインが区切りポイントなので、まだダウントレンドの形を形成する可能性が高いです。

 

まだダウントレンドの形を形成する可能性が高い状況なので、オレンジのラインが週足の天井だとすれば、ピンクのラインを割る可能性が高い状況だという事です。

 

オレンジのラインを越えて上昇が続くのであれば、アップトレンドの形を形成する可能性が高くなる可能性もあります。

 

今回の日足もアップトレンドの形を形成する可能性が高い状況になっているので、まだオレンジのラインを超える上昇になる可能性が十分にあります。

 

現段階では、ダウントレンドの形を形成する可能性が高い所までしか上昇していないという状況なだけです。

 

まだ4時間足・日足のテクニカル分析を追いながら、週足の台本を絞っていくべきです。

 

オレンジのラインは、日足と4時間足のダウントレンドへの反転ポイントです。

 

なので、オレンジのラインが週足の天井になる可能性もあります。

 

つまり、週足はまだアップトレンドの形を形成する台本と、ダウントレンドの形を形成する台本の2つが存在する状況です。

 

アップトレンドの形を形成する台本の場合は、ドル円の週足が既に先行して週足がアップトレンドへ反転している可能性が高いです。

 

ですが、この台本のドル円の週足は、理論的イレギュラーを起こしています。

 

なので、私は今の段階では、ドル円の週足がアップトレンドへ反転している可能性は低いと思っています。

 

ドル円の週足がアップトレンドへ反転していないという事を前提に置き、日足を見ると、ドル円の日足はダウントレンドの形を形成しています。

 

週足がアップトレンドへ反転していなくて、日足がダウントレンドの形を形成しているという事は、次回の日足もダウントレンドの形を形成して、週足のダウントレンドもまだ継続するという事になります。

 

ドル円がこういった台本の中で、ユーロ円の週足がまだまだ上昇し続けるという可能性は低いと思います。

 

なので、オレンジのラインが週足の天井の可能性になる事も想定しています。

 

ですが、今回の日足がアップトレンドの形を形成する可能性が高い状況になっているので、まだオレンジのラインを超える可能性は十分にあります。

 

ただ、ドル円の週足のダウントレンドが継続するという事は、ユーロ円の週足の天井も間もなくの可能性が高いという事に繋がります。

 

なので、オレンジのラインで週足がダウントレンドへ反転しているという想定もしておいて下さい。

 

これもまだ確定ではないので、次回の日足のアップトレンドでオレンジのラインを超える上昇になる可能性があるという事も想定しておいて下さい。

 

トレードとしては、オレンジのライン付近で既にショートエントリーをされている方は、今回の4時間足が既にアップトレンドへの反転ポイントに入っているので、様子を見てポジションの半分を利確して良いと思います。

 

日足もアップトレンドへの反転ポイントに入っているので、今回はショートポジションを残したままロングエントリーをしても良いと思います。

 

4時間足・日足だけを見ると、ロングエントリー狙いが良いですが、週足を見るとショートエントリー狙いが良いという状況です。

 

なので、ここはどちらの台本も取れるように両建ての状況を作っても良いと思います。

 

ドル円の状況から見て、ショートポジションが本命になるとは思いますが、リスクヘッジとしてロングエントリーもしても良いと思います。

 

台本を見極めながら、台本が絞れた時点でどの台本にでも移行できる状況を作っておく事が、今の利益を得る為の準備です。

 

次の展開を予測して、行動して下さい。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+1104pipsです(´▽`*)

 

まず、手に入れたいのは、投資家のように物事を見る「視点」です。

 

投資家は特別な情報を握っているわけではありません。

 

あくまで皆さんと同じ、開示された情報から、日々、投資先を決めています。

 

同じ情報を見ていても、「視点」が異なるのです。

 

アンテナを立てて日常生活を送っていると言い換えてもいいかもしれません。

 

「投資家は客観的な視点で物事を見ている」

 

そんなことを言われることがあると思います。

 

しかし、それは違うと思っています。

 

人は、主観的な視点で物事を見ます。

 

人間は、関心がない事は見えないようにできています。

 

スーツを買おうとしている男性は、街行く人のスーツが気になり始めます。

 

女性には目に入る化粧品の看板は、化粧をしない男性には見えません。

 

そんな人間の性質を理解した上で、できる限り、幅広く視野を広げてアンテナを立てて生きることが大事なのだと思います。

 

世の中には、流行を嫌う人がいます。

 

しかし、投資家的に見ると、流行嫌いのマインドは変える必要があると思います。

 

なぜなら、アンテナを立てて、何でも自ら試すことで、日常生活がインプットの場に変わるからです。

 

流行している物をいち早く自分で試すことによって、世の中の価値観に対してのあなた自身の身体的感覚を得ることがすごく大事なのです。

 

これからの時代は、情報よりも「体験」の価値が上がると思います。

 

時代を象徴するイベントや本、映画、ネットサービスなどは、情報として「知っているだけ」では意味がありません。

 

自身の体験として肉体的な消化をすることで、身体的感覚が磨かれます。

 

その身体的感覚があれば、その価値観から離脱したり、超越、模倣することも選択できるようになると思います。

 

言い換えるならば、時代の空気を身に纏うのです。

 

流行に関して条件反射的に「ふーん」と無関心になったり、斜に構えたり、「けしからん」とネガティブな感情が湧いてきたりする人は、要注意だと思います。

 

時代の空気からどんどん遠ざかってしまいます。

 

そんな時こそ、「これって投資?それとも浪費?」と自問自答してみて下さい。

 

「流行りもの」への嫌悪感は、普通は年を取るごとに大きくなってきます。

 

しかし、嫌悪感を好奇心へと変換させることで、あなたの身体的感覚は磨かれ、世の中の物事から沢山の事を学べる「視点」が手に入ります。

 

流行に限らず、新しいものに反射的に嫌悪感が起こってしまうのは、「過去」に目が行っているからです。

 

FD-FXのトレード成績です(‘ω’)ノ

 

先週の利益は+14万3780円でした。

 

2020年のFD-FXでの利益は現在+505万8178円です。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2020年現在の獲得pipsは+13912pipsです。

 

2019年の獲得pipsは+11537pipsでした。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.