YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

2つの世界

2020/07/15
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

マインドセットの事が分かり始めると、新しい世界が開けてきます。

 

能力を固定的に捉える世界では、自分の賢さや才能を証明できれば成功、自分の価値を確認できれば成功です。

 

能力は伸ばせるものと考える世界では、頑張って新しい事を習得できれば成功、自分を成長させる事ができれば成功なのです。

 

能力を固定的に考える世界では、つまづいたらそれでもう失敗です。

 

落第点を取る、試合に負ける、会社をクビになる、人から拒絶されるなど、そうした事は全て、頭が悪くて才能が無い証拠です。

 

それに対し、能力は伸ばせると考える世界では、成長できなければ失敗です。

 

自分が大切だと思うものを追求しない事、可能性を十分に発揮できない事こそが失敗となります。

 

能力を固定的に見る世界では、努力は忌まわしい事です。

 

挫折と同様に、頭が悪くて能力に欠ける証拠だからです。

 

頭が良くて才能があれば、そもそも努力する必要なんてありません。

 

それに対し、能力は伸ばせると考える世界では、努力こそが人を賢く、有能にしてくれます。

 

どちらの世界を選ぶかは、自分次第です。

 

マインドセットは信念にすぎません。

 

強いパワーを持つ信念ですが、結局のところ心の持ちようであり、それを変える力は自分自身が握っています。

 

自分はどちらの世界に生きたいと思うのか。

 

そのためには、どちらのマインドセットを選べば良いのか。

 

社会学者のベンジャミン・バーバーさんは、「私は人間を弱者と強者、成功者と失敗者とには分けない。学ぶ人と学ばない人と分ける」と述べています。

 

人間はいつから学ぶのをやめてしまうのか。

 

誰もが皆旺盛な学習意欲を持って生まれてきます。

 

赤ちゃんは日々新しい事をマスターしていきます。

 

歩く、喋るといった困難極まりない課題にもどんどんチャレンジします。

 

難しくて無理だとか、努力しても無駄だなんて決めつけません。

 

間違ったらどうしよう、恥をかくのではないかなんて気にしません。

 

歩いてはつまづき、また起き上がります。

 

よろけながらも、ひたすら前に進んでいきます。

 

この溢れんばかりの学習意欲を潰してしまうもの、それこそが硬直したマインドセットなのです。

 

自分自身を評価する力が芽生えた途端に、チャレンジを恐れる子供が出てきます。

 

自分は頭が悪いのではないかと怖気づくようになるのです。

 

子供に、「簡単なジグソーパズルをもう1回する?それとも難しいのに挑戦してみる?」と聞くと、まだ幼くても、力は変わらないと信じている子は、安心してできる簡単な方を選びます。

 

もっと賢くなれると信じている子は、そうは考えません。

 

「なんでそんな事聞くの?同じパズルを何度もやりたい子なんているわけない」と考え、次々と難しいパズルに挑戦していきます。

 

中学1年生の時に以下のような事を言っていた同級生がいました。

 

「頭が良いかどうかは初めから決まっているんじゃなくて、頭が良くなるように勉強をするのだと思う。ほとんどの子は、答えに自信が無いと手を挙げて答えようとはしないけど、私は進んで手を挙げる事にしている。間違っていたら直してもらえるから。手を挙げて『どうやって解けばいいんですか?』とか『私には分かりません。ヒントを下さい。』と言う事もある。そうやって頭を良くしていくの」

 

私は当時は何とも思いませんでした。

 

ですが、大人になって私はこうやって言っていた子がいたなぁ~とふと思い出し、確かにそうだなと納得できました。

 

できる事から逆算する考え方ではなく、「現状できないからする」という考え方を持って下さい。

 

スポーツも勉強もできるからするのではありません。

 

できないからするのです。

 

この考え方はものすごく重要です。

 

言われると、当たり前だと思うかもしれませんが、普通に何も考えず生活していると意外とこの考え方は盲点になっています。

 

今一度この考え方を認識して下さい。

 

できるからするのではなく、できないからできるようになる為にするのです。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.