YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

口だけでは意味ない

2020/03/31
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

言語学には「シニフィアン」(意味しているもの、表しているもの)と、「シニフィエ」(意味されているもの、表されているもの)という言葉があります。

 

例えば、「海(うみ)」という「言葉・文字・音」が「シニフィアン」で、そこからイメージした、魚がいる、青い、広いといった「海の概念」が「シニフィエ」です。

 

先日、言葉で教わるより行動を真似をして下さいと説明しましたが、”言葉だけ”で何かを伝えようとすると、それを受け取る人は各々で認知が違うため、「シニフィアン」と「シニフィエ」にズレが生じてしまうのです。

 

学校の書き取りの授業で、先生から「気合いを入れて、10回書きなさい」と言われたとします。

 

気合いを入れて10回書くといっても、それはどう書くのか?

 

何に書くのか?

 

そもそも気合いを入れるとはどんな具合か?

 

聞いた人がどう感じるかは、それぞれ違うものです。

 

これは「シニフィエ」が異なっているからです。

 

1つの言葉から連想する概念や映像は、個々人で違って当然です。

 

しかし「気合いを入れて10回書け」と言った先生が、コピー用紙にシャープペンシルで10回、筆圧高めで濃く書く、という行動をやって見せたら、言葉から連想する概念や映像は統一されます。

 

このように、何をどうするのかを見せることができれば、シニフィエが統一されます。

 

見た人達は、それを完璧に再現することができます。

 

上司が部下に「コピー取ってきて」とお願いすることがよくあります。

 

コピーして上司に渡すと、上司があれこれ文句を言います。

 

カラーかモノクロかについて、コピーした部数について、ホチキスを留める位置について。

 

これは、細かく言えば「コーヒー買ってきて→ミルクと砂糖入りはNG」や「お弁当買ってきて→飲み物も一緒に買ってくるのが普通」など、様々なものがあります。

 

「コピー取ってきて」という短い言葉に、どれだけの意味が内包されているのでしょうか。

 

シンプルな指示のようで、実はとても無茶な指示なのです。

 

しかもひどいことに、シニフィエがズレてしまったことを自分のせいではなく、部下のせいにします。

 

本当はこの時、「コピーというのはこう取るものなんだよ」と上司が一通りやって見せたら、シニフィエが明確になるので伝わります。

 

このような理由から、現代においては「動画を撮っておく」のが絶対に良いです。

 

手書きのメモではなく、録画して、その動画の通りにやればいいのです。

 

今はスマホで簡単に撮影ができるので、どんどんやるべきです。

 

それに、動画を「撮影する」行為を実際に行うと、かなり行動に意識を向けるので、その人の行動の特異なポイントに目が行やすくなります。

 

勉強も同じです。

 

自分の学校で一番成績の良い人が勉強しているところを、動画で撮らせてもらって完コピします。

 

頑張って入った中学校で、高校で、大学で、そこでまた”ベストな人”を完コピします。

 

これを繰り返していけば、確実にステージアップすることができます。

 

能力を劇的に、確実に上げたいなら、できる人の「言葉」を聞くのではなく、「行動」を完コピして下さい。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2020 All Rights Reserved.