YukiのFX相場予測♪〜サブ〜

目線変更ポイント

2019/10/09
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


日々の応援お願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)

ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像
通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

【トレーダーの目標が変わる高値と安値】

ダウ理論は高値と安値のポイントになるわけですが、その中で最も重要なポイントは以下の高値と安値です。

 

①高値を更新した波動の起点となった安値

 

②安値を更新した波動の起点となった高値

 

この2つが重要です。

 

なぜなら①の安値を下に抜けてしまったり、②の高値を上に抜けてしまったりすると、トレンドが変わってしまう可能性があるからです。

 

図のBの高値をつけた時点では上昇トレンドです。

 

この時、高値を更新した波動の起点となった安値はAです。

 

Bの高値をつけた波動の起点となった安値ということです。

 

高値を更新した後、レートがこのAの安値水準を下に抜けてしまうと、「安値を切り下げた」ことになり、上昇トレンドが終わったことになります。

 

この時点で、多くのトレーダーが「下目線」になります。

 

図のDの安値をつけた時点では下降トレンドです。

 

この時、安値を更新した波動の起点となった高値はCです。

 

Dの安値をつけた波動の起点となった高値ということです。

 

安値を更新した後、レートがこのCの高値水準を上に抜けてしまうと。「高値を切り上げた」ことになり、下降トレンドが終わったことになります。

 

この時点で、多くトレーダーが「上目線」になります。

 

このように、トレーダーの目線が変わってしまうので、大変重要なポイントです。

 

トレードをする際は常にチェックしておきましょう。

 

【ダウ理論をトレードに活かす】

ダウ理論をどのようにしてトレードに活かせばいいでしょうか。

 

これは、上位足チャートにおいてのトレンド分析がメインになります。

 

①上位足チャートが上昇トレンド・買い目線・・・トレードはロングエントリー中心

 

②上位足チャートが下降トレンド・売り目線・・・トレードはショートエントリー中心

 

まずは、ダウ理論で上位足チャートのトレンド分析をします。

 

として、①なら買いが優勢なので、トレードはロングエントリー中心にします。

 

もちろん、絶対にショートエントリーしてはいけない、というわけではありません。

 

なるべくロングエントリーにする、ということです。

 

下位足チャートでロングエントリーできるタイミングでポジションを持ちます。

 

②なら売りが優勢なので、トレードはショートエントリー中心にします。

 

この場合も、絶対にロングエントリーしてはいけない、というわけではありません。

 

なるべくショートエントリーにする、ということです。

 

下位足チャートでショートエントリーできるタイミングでポジションを持ちます。

 

ダウ理論は以上のようにしてトレードに活かします。

 


※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が「いいな」と思ったら、ポチっとお願い致します<(_ _*)>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪〜サブ〜 , 2019 All Rights Reserved.